入院中の食事

荒牧産婦人科

出産のための入院で、「入院」なるものを初体験しました。
私がお世話になったのは、北九州市八幡西区の荒牧産婦人科です。
入院中のお食事だけは今後の献立作りの参考になるかもしれないと思い欠かさず写真を撮ったので、
ブログを書く練習がてらアップしてみようと思います。

 

入院初日(出産当日)
晩ご飯21:00

・白ご飯
・大根の煮物(粒マスタードソース添え)
・サラダ(きゅうり、玉ねぎ、にんじん、ツナ、ミックスビーンズ、かいわれ)イタリアンドレッシング添え
・ポークソテー、マッシュポテト、アスパラ・赤パプリカ・コーンの炒め物
・水菜と黄パプリカのコンソメ系スープ

お昼ごろから陣痛が激しくなってきて、実家でレトルトの辛~いカレーをちょっとずつ必死で食べました。お昼ご飯からかなり時間が空いていたので、産後いろいろ痛い中でがっついて食べました。

 

入院2日目
朝ご飯8:00

・白ご飯、のりたまふりかけ
・塩サバ(塩味薄め)、醤油と生姜別添
・白菜とにんじん、春菊、シイタケ、あさりのあんかけ風煮込み
・大根、かぼちゃ、ねぎのお味噌汁
・牛乳

初日の夜は赤ちゃんを預かってもらえたので、朝はゆったりと食事を満喫できました。温かいお味噌汁が全身に染み渡る。
入院する際に苦手なものやアレルギーはありますか?という質問になぜか「ゆで卵が苦手で食べられません」と答えた私。よくよく考えたら牛乳が飲めないんだった(飲むとお腹を壊す体質)、とこの時初めて思い出したのでした。
それにしてもなぜゆで卵と口走ったのか・・・今思い出しても恥ずかしい。

 

お昼ご飯12:00

・五目炊き込みおこわ(にんじん、たけのこ、しいたけ、鶏肉、きぬさや)
・豚汁(にんじん、ごぼう、里芋、こんにゃく、ねぎ)
・きゅうり・キャベツ・にんじんの浅漬け
・はんぺんのツナ挟み揚げ
・カットフルーツ(オレンジ、パイナポー)

おこわは柔らかめに炊いてあり、噛めば噛むほど甘味を感じてとても美味しかったです。
はんぺんの挟み揚げは衝撃的な旨さだった。

 

おやつ14:30

アーモンドとレーズンの載った蒸しパン
紅茶

赤ちゃんがお部屋にやってきた!寝顔を見ながらのおやつタイム。

 

晩ご飯17:45

白ご飯
マカロニサラダ(きゅうり、ハム、マカロニ、コーン)
コンソメスープ(玉ねぎ、にんじん、パセリ)
鮭のマスタードマヨソース焼き、かぼちゃソテー、レタスサラダ(フレンチドレッシング別添)
ほうれん草のバター炒め(赤パプリカ、コーン)
ピーチゼリー黄桃添え

食事は毎回どれも美味しく、ボリュームも多すぎず少なすぎず丁度良かったです。「入院」というイメージから、薄味すぎたらどうしようと心配していましたが、全く心配要りませんでした。